ansible-playbook ansible_with_items_creating_files.yaml In the output we can see the how first these files named sample1 and sample2 were not existing and system gave error, then we created those files using Ansible file module and passed parameter values using with_items. item.1はgroupsの各要素なのでそのまま利用すれば良いでしょう。, グループ変数が、次のように一部のネスト変数を持たない場合、多重ループはエラーとなります。, このような場合は、3つ目の要素flagsを追加し、ディクショナリにskip_missingをTrueに設定することで、ループをスキップすることが可能です。, グループ変数に定義したリストが更にリストを持つパターンは多いと思います。 On Ansible development branch the following does not work. 結果を見てwith_itemsとwith_listの結果が一緒なので違いは?と思ったと思いますが、with_itemsの特徴はflattenされる点です。, 1つ目のパラメータがaaaとdddでネストされていてもwith_itemsはflattenされ合計4回ループします。, このサイトの共同編集者、プログラマ、素人デザイナー 得意言語:Java,PHP,Python. なお、3重以上のループには対応していません。. プログラミング的にはこんなイメージです(擬似コード)。, 結論から言えば、with_subelementsを利用することで多重ループを処理することができます。 with_itemsに加えて、with_subelementsを道具箱に入れておけば、Ansibleをより効率良く使えるようになるでしょう。 なお、3重以上のループには対応していません。 要素名ですから、変数の内部展開("{{ groups }}")と記述しないことに注意してください。, モジュールで要素を参照する時はitemという予約された変数名を使う点は、with_itemsと同様です。 ふたつ目の要素には、ループの主体となる要素から多重ループさせたい要素名を指定します。 ただ、微妙に解りにくいシンタックスなので、注意が必要です。, with_subelementsにはリストでループする要素を指定します。 item.0はusersの各要素になるため、nameを参照するならば、item.0.nameとなります。 with_itemsとregisterを組み合わせたAnsible playbookで苦労した Chromebook Linux環境の初期セットアップメモ ARM版Chromebook Linux環境へのHomebrew導入手順 Chromebook Spin 311 英語キーボード版が安いので購入 with_itemsに加えて、with_subelementsを道具箱に入れておけば、Ansibleをより効率良く使えるようになるでしょう。

As can be seen Jinja2 is able to iterate over such Test.1 では、{{ ansible_user }} は定義した値は debug:msgにて取得できているので、inventory側の定義は問題ないように思えます。 Test.2 にて指定した{{ ansible_user }} はループ内でnullとなりますが、 Test.3 も同じ配列データです One would expect that with_items would iterate over the groups variable, but instead you get with_items expects a list. ここまでは通常のwith_itemsと同様です。 どうもKuboです。本日はAnsibleの色々なLoopの方法をご紹介します。with_listリスト型の値をループします。playbook.yml---- hosts: all tasks: - debug: msg 今回は、こんなグループ変数に役立つwith_subelementsを紹介します。, 要は多重ループをしたいってことになります。 趣味と仕事にて、Ansibleを使いこなせるよう勉強中です。今回は、古いログファイルを削除するplaybookを書く際に、気づけたことがあったのでメモします。, playbookで実現したい操作を簡単に書くと、「対象ディレクトリ内にある古いファイルをfindモジュールで発見してregisterしておき、次にwith_itemsのループでファイルを削除すること」となる。サンプルのplaybookは、ウェブ検索で大量に見つけられる。, しかし、対象ディレクトリを複数にしようと考えた場合に、私にとっては一気に難しくなってしまったのであった。, 対象ディレクトリが「~/.screen_log/」の1つであるplaybookは、次のようになる。簡素に書けて素晴らしい。, 対象ディレクトリが2つ以上の場合、「Find old logfiles」部分を、対象ディレクトリを複数指定できるようにwith_itemsを使って書くのが普通だろう。, しかしこの状態にしたところ、「Delete old logfiles」部分が対象ディレクトリ1つの場合と同じままだと動かない。1,2時間悩んでdebugなど使いながら理解したこととして。, 「Find old logfiles」部分をwith_itemsを使って書いた場合は、files_foundに登録されるデータの構造が変わり、階層が追加された内容となるのだ。そこで、「Delete old logfiles」部分のファイル情報抽出で、下記のようにmap()やlist()を使うようにしたら問題解決した。, $ physical-distancing start; keep-rolling, Twitter: @mah_jp / 個人的な記録や思いをつらつらと。福岡長崎育ち、神戸在住。, #with_items: "{{ files_found.files }}" # エラーになる, "{{ files_found.results | map(attribute='files') | list }}", with_itemsとregisterを組み合わせたAnsible playbookで苦労した, Chromebook Spin 311 英語キーボード版が安いので購入 (Amazonプライムデー), INEVITABLE ja night「行政サービスにおける、Gov Tech / Civic Tech の不可避な流れ」にオンライン参加 #inevitableja, mozcの入力モード切替を英語キーボードのAlt_Rで行う設定 (Ubuntu 20.04LTS). Stagecrowd(ステージクラウド)とは?コロナ禍でのオンラインライブの覇権を握れるか?. ひとつめ目の要素には、ループの主体となる要素、すなわちusersを指定します。 AnsibleのPlaybookやRoleの再利用性を高めるためには、綺麗なグループ変数定義を目標とし、タスク定義でゴニョゴニョするのが基本です。 ですが、はじめにitem.0やitem.1のように、with_subelementsで指定した要素のインデックスを指定します。 Copyright © 2019-2020 WoW creators All Rights Reserved.